カテゴリー別アーカイブ: 静態保存

現存する唯一のC60(仙台)

C60

仙台市青葉区にある西公園では、「C60型」の1号機「C601」が保存展示されています。このSLは国内に現存する唯一のC60型です。

1942年に製造され、東北本線や奥羽本線などで活躍。1968年、東北本線の全線電化で廃止され、1969年、公園に設置されました。
2016年10月末、修復が終わったので、見に行ってみました。

小坂鉄道11号蒸気機関車

小坂鉄道11号蒸気機関車
小坂鉄道11号蒸気機関車

大正15年(1926年)に登場。昭和37年(1962年)の軌間拡幅(762㎜から1067㎜に改軌)まで36年間にわたって、貨客輸送に活躍。「釜汽車」とも呼ばれ、小坂線に最後まで残った蒸気機関車。米国ボードウィン社のタンクを模したもので、雨宮製作所製造。

小坂鉄道11号蒸気機関車
小坂鉄道11号蒸気機関車

連結されている客車は、大正5年(1916年)に2、3等客車として造られたものを貴賓客車に改造したもの。大正10年(1921)8月4日に秩父宮、高松宮両殿下が小坂鉱山に来訪した際にも使用された。オープンデッキの32人乗り木造客車。日本車輌製造。

なお、小坂鉄道は、秋田県大館市から小坂駅まで、小坂製錬が運営していた貨物鉄道。2009年に廃止。

小坂駅
小坂駅

C11292/新橋駅前SL広場

C11
C11

昭和20年2月11日、日本車輛株式会社で誕生。戦争末期、物資がなくなりつつあったころに作られ、ボイラーの上にある蒸気溜、砂溜が角張っているのが特徴(いわゆる戦時型)。

誕生後すぐに山陽本線の姫路機関区に配属となり、中国地方のローカル線(播担線や姫新線)などを走った。走行距離は108万3975kmで、最初から最後まで一つの機関区にいた珍しい機関車。

東京を走行したことはないが、鉄道100年を記念し、1972年10月、新橋駅前に設置された。

ネオンにも負けない迫力
ネオンにも負けない迫力
人も多く、無粋な電信柱もあり、あまりキレイに撮影できない
人も多く、無粋な電信柱もあり、あまりキレイに撮影できない
2014年のクリスマス・デコレーション
2014年のクリスマス・デコレーション

靖国神社「遊就館」蒸気機関車C56 31号機関車

C56
C56

2015年8月15日、人が溢れ出た靖国神社「遊就館」にて撮影。

C5631号は、昭和11年、日本車輌・名古屋工場で製造され、石川県の七尾機関区で運転されていました。

昭和16年9月、鉄道省浜松工場で軌間1000mmに狭められ、車高も200mm嵩下げ。全部で16部位48カ所を改造し、南方出征型C56に生まれ変わりました。

神戸港からタイに送られ、タイのマカサン工場で再組み立て。

昭和17年1月、マレー戦線に投入され、中継機や入替機として活躍。

10月末、泰緬鉄道に入り、開通式に参加しています。なお、戦争で徴用されたのは、およそ90両でした。

戦後はタイ国鉄で使用され、昭和52年に引退。

泰緬鉄道の建設に従事した南方軍野戦鉄道隊関係者の拠金によりタイ国鉄から譲り受け、昭和54年に靖国神社に奉納されました。

C56
C56